わきがは自分で気づかない

わきがは自分で気づかない

私はもともと鼻が利くほうで、夏の電車の中のわきがのにおいなど、少ししても敏感に嗅ぎ取って気分が悪くなってしまうほどでした。

 

高校時代の社会の先生がひどいわきがでした。

 

だいたい、わきがは、夏場や薄着になる季節にわかる程度なのですが、冬のスーツのジャケットを着ている時期でも、においがもれてくるくらいに重度のわきがだったのがその先生でした。

 

夏場などはもう最悪で、教室中に漂ってくるにおいに誰しもが苦しんでいました。

 

特に私はにおいに敏感なので、1度、気分が悪くなって保健室に運ばれて寝込んでしまったほどでした。

 

本人は、まったく気づいていないようで、あっけらかんとした顔で授業を進めるのですが、生徒は皆授業に集中できず、先生に指摘することもできなかったので、窓を前回にして換気をしていたのですが、夏場にYシャツ姿で黒板に字を書く際、手を上に上げると、一番後ろの席のところにまでにおいが行ってしまうくらいひどいものでした。

 

なんとか、口呼吸をしてその授業を乗り切っていたのですが、あのにおいは本当に病的なくらいに強烈なものでした。

 

社会人になって、後輩のとてもかわいい子が、わきがだと気づいたことがありました。

 

あの先生のように強烈ではないのですが、薄着になったときに漂ってくるそのにおいはわきがでした。

 

タバコを吸っていることもあったからか、身なりやおしゃれもきちんとしている子だったのに、そのギャップがすごくかわいそうに思えました。

 

清潔にしているのに家系かなと思い、少し指摘してあげたほうが良かったのかなとは思ったのですが、結局言えずに終わってしまいました。

 

明らかに本人は気づいていなかったので、やはりわきがは自覚できないものなのだと実感しました。

 

私の経験上、電車の中でもタバコを吸っているサラリーマンなどにわきがの人が多い気がします。

 

たまに自分も汗臭くて、わきがのにおいのようになっていないか気になってしまうので、気をつけようと思いました。

関連ページ

脇に関しての悩み
女性,わきが治す方法,原因,対策,においの詳細を確認するなら、初心者からプロフェショナルな方向けに丁寧に解説している、このサイトを覗いてください。女性,わきが治す方法,原因,対策,においについてのあなたの不明点もきっとスッキリできます。