最初にワキガと気づいた瞬間

私がワキガだと気づいたのは確か高校生の頃だったと思います。

 

昔から汗をかきやすく、緊張したりするだけでも汗をかいていたので、ただ単に汗っかきなだけだと思っていたのですが、高校生の頃にものすごく臭いが強い人と出会って、その人が脇汗をものすごくかいていたのを見て不安になったのを思い出します。

 

友人に私はワキガかな?と尋ねると気を使ってくれたのか違うと思うよとの返事。

 

けど不安が消えない私はネットで色々とワキガについて検索したらワキガは遺伝するとの情報を見つけました。

 

アポクリン汗腺というところから分泌されるものに菌が繁殖することによって臭いが発生するともかいてありました。

 

それと同時にワキガのケアをする商品も色々と調べると実家の洗面台にそれがあったのです。

 

そこで私はワキガなんだなと自覚しました。

 

病気かと言われればそうではないのかもしれませんが、人に嫌悪感を抱かれてしまうことを恐れた私は、その日からケアをするようになりました。

 

心がけたわきがケア

まずお風呂の際に脇の下は丁寧に洗う。

 

リフレアなどのクリーム製品を塗ってから服を着る。

 

シャツを着る場面の時はシミができないようにシールタイプの脇汗を吸い取るものを着けて服を着るようにする。

 

どうしても消えない不安

ここまでのケアをしても緊張したり、ストレスを感じてしまったりすると脇汗をたくさんかいてしまうので、汗を防げない場面もたくさんあります。

 

実際に面と向かってお前臭いだとか言われたことはないものの、ケア商品のCMを見たりだとか、ワキガというワードが聞こえただけで、緊張してしまいますし、自分の臭いがとても気になってしまいます。

 

しかし、物事をポジティブに考えてみると、これで誰かに迷惑をかけてしまったということはないし、家族や友人は何も気にせずに接してくれているので、過敏になりすぎることなくこれからはやっていきたいとも思っています。

 

ケアさえしっかりしていれば防げる部分は防ぐこともできると思っています。

 

これからも共に生きていく体なので清潔にたもって笑いの絶えない生活を送れたらいいなと思っています。

関連ページ

わきがは自分で気づかない
女性,わきが治す方法,原因,対策,においの詳細を確認するなら、初心者からプロフェショナルな方向けに丁寧に解説している、このサイトを覗いてください。女性,わきが治す方法,原因,対策,においについてのあなたの不明点もきっとスッキリできます。